はじめに〜価値観の違いとは〜

価値観は人それぞれです。例えば、好き嫌いがあります。Aさんは〇〇が大好きだけれどBさんは〇〇が大嫌いである。この両者には、正解不正解はありません。にも関わらず、◯◯が好きだというAさんを見てBさんが「◯◯が好きだと思うのはこいつがどうしようもないバカだからだ。俺が認めない◯◯を好きだというなら俺はこいつのことも嫌いだし絶対に認めない」と思うことがあります。このように、自分の価値観だけに捕らわれ、他人の価値観を受け入れずにいると、人間関係を円滑にすることができなくなってしまう可能性もあるのです。

例えば会社を考えてみましょう。会社は組織として、利益を上げる、という目標を持っています。その一方でメンバー全員の利益も考えなければならない。もちろん、社会にも貢献しなければならない。会社内にも組織が複数あり、それぞれがいくつもの目的を持っています。そして、目的を遂行するための規則や価値観を持っているのです。その中で、自身の価値観のみを押し付けようとしても通る事はありません。むしろ、自分の事しか考えない使えないやつとしてつまみ出されてしまうでしょう。

実際に、自分の価値観だけで物事を判断するようになると、相手の意見を聞き入れることができなくなってしまいます。その結果、「この人は自分の意見を全く聞いてくれない」と不満を持たれるようになり、普段の生活面においても孤立してしまいがちです。自分の価値観がいつでも正しいというわけでもありません。何かをする上で、間違った価値観を持っていることで「失敗」してしまう可能性も高くなるようです。

より人間関係を円滑にするためにも、仕事や日常生活でのスキルを上げるためにも、さまざまな人の価値観を参考にするべきだとも考えられています。このようなことから、仕事がうまくいかない人や、人間関係がうまくいっていない人は自分の価値観を広げる努力をすべきだという意見が多々見受けられます。

本ブログにおいては、皆さんが異なる価値観に出会った経験、そこで何を思い学んだのかを記載していきます。是非皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

 

生命保険の選び方

お家の見直ししま専科